Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


モロッコ料理レストラン「ル・マグレブ」

二子玉川のモロッコレストラン「ル・マグレブ」に行ってきました。
すごくおいしかった!!
原宿、神楽坂、新大久保・・・と今まで色々なモロッコ・チュニジア料理店に
行ったことがあるけれど、なんだかこのお店が一番おいしく感じました。
個人的に、、シチュエーションが良かったからかもしれない。
店内もモロッコ感たっぷりで、ゆとりのある空間。
女子会にもおすすめ!なんてイマドキなこと書いてみたりして。

お料理は独特の香辛料が利いていたけれど、辛いってこともなく、
丁度良い味付けでした。

・野菜のクスクス
クスクス

・鶏肉のタジン ←特にこのタジンが絶品!鶏肉やわらかーい。
タジン

・ハリラスープ
ハリラスープ

・パン? ペースト状のものが載っていました。(ペースト状のなんだっけ?)
パン

アラブ | trackback(0) | comment(0) |

2012/02/05


Al Nassma アル・ナスマのチョコレート

昨年末、日本橋の三越で買った「Al Nassma(アル・ナスマ)」のチョコレート。
ドバイ発!ラクダのお乳から出来たチョコレートなんだって!

NEC_0227.jpg

NEC_0229.jpg

もう・・ラクダとアラビア語のロゴのついたこのお店を見て、
「え、ちょっと、何このお店!?」とひとり大興奮でした。
店員さんは、イスラムの黒い衣裳に身を包んだ女性。
私が異様に目を輝かせてお店を見ているのが不思議そうでした。
実は、商品が気になるだけでなく、その店員さんにアラビア語で話しかけたくてたまらなかった。
でも勇気が出ず。。
暫く他のお店をウロウロしてから、意を決してこのチョコレートを買った後に、
とりあえず「ナスマってどういう意味ですか?」と話しかけて見ると、
「砂漠の静かな様子のこと」と答えてくれました。
(でもお店のHPには「砂漠に吹く季節風」と書いてあるけど、まあいいわね;;)
そして、「アラビア語を勉強しているんです」(←日本語じゃん)と打ち明けたら、
「・・・シュックラン。」と言ってくれました。
思ったより反応が淡泊だったのでウッとなりましたが、
私も「シュックラン。マアッサラーマ。」と返しました。
とりあえず、アラビア語でコミュニケーションできたから良しとします。

肝心のチョコレートは、ミルク感が強く超マイルドでした。

味はともかく(え?)、写真のラクダの木箱が手に入ったことが嬉しいです。

アラブ | trackback(0) | comment(0) |

2012/01/22


Kucha らくだのぬいぐるみ

らくだ全体 らくだアップ

東京郊外の雑貨店で、キラキラおめめの和み系らくだに出会いました。

目の周りは紫の糸で縁取られ、瞳は緑のスパンコール。
えんじと白の背当て布をつけています。

らくだの他にも、バイソン、馬など、これまた独特の雰囲気を持った
シリーズが並んでいました。
メーカーはKuchaのタグしか手がかりがないですが、
このブログは作者の方のかな?素敵。
kucha

情報は少ないけれど、いいお仕事されてますね。

アラブ | trackback(0) | comment(0) |

2011/09/16


パウル・クレー展

国立近代美術館にて。
自分でもずっと忘れていたけどクレーの絵は、結構好き。
色合いがとても好み。
展示を見終えて、
あのクレーの絵の色合いは、
例えばデパートや駅やレストランなど、
現代の洒落た建物の内装の色の使い方の流行りと共通しているように思えて、
現代の、特に大抵の女性はクレーの絵を心地良いと感じるんじゃないかな、
なんてことを少し感じた。
まあ、つまり今の女性が好きな色だと思う。私も含めて。

展示は、クレーの独特の製作過程を示していてなかなか工夫されていた。
一度描いた絵を切って、逆さまにして貼って・・とかしていたらしい。
私なんか絵を描いたとしてももったいなくて怖くて
何も手を入れられない。(自分と比べるのが間違いか。)

クレーはチュニジアで色に目覚めた。
1914年のチュニジア旅行を経てこんな言葉を残していた。
「色が私をとらえた。もはや、私はそれをおいかける必要がない。
なぜならば、色は、私を永遠に包み込むだろうから。
色と私は一体となった。私は画家なのだ。」

こんな風に画家としてのアイデンティティを確立できてしまうほど、
チュニジアと色って結びついていたっけ?と少しピンとこない。
土地の色が豊かという意味では、アフリカの大地や、
スイスとかのカラフルな家並みを思い浮かべてしまう。
でも自分がチュニジアを振り返ってみて、
必ずしも分かりやすく色彩に溢れている訳ではないけれど、
北アフリカの太陽の光の具合のおかげか、
確かにチュニジアの色彩や空というのは物凄く記憶に残るものがある。
クレーも北アフリカの魅力に取りつかれてしまったのね。

クレー展はグッズが最高で、こんなにグッズを買い込んだのは初めてでした。
クレー展グッズ

贅沢ながら、いつも本物を見た後でそれが印刷されたポストカードを買う気がしなくて、
もっぱらクリアファイルを買っています。
今回はファイルの種類も豊富で、マグネットまであったりして本当に素敵でした。

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2011/07/10


モロッコランプ

憧れのモロッコランプを、生活が変わるタイミングでついに買いました。

<モロッコガラス プチランプ オレンジ 置き型>
モロッコランプ

お店は、代官山のモロッコ&アラビアンインテリア専門店GADAN(ガダン)
モノは直接見て、大好きなオレンジ色のガラスのを買いましたが、
他にもブルー、グリーン、レッド、イエロー、クリアなどありました。
それぞれ趣が異なってちょっと迷う。
ガラス窓以外のアイアン部分は茶色です。黒を想像していたのだけど、まいっか。

モロッコランプは、ネットで結構売られていると思いますが、
GADANで扱われているランプの良いところは、
きちんと現地ハンドメイドでありながら、
日本仕様の電源コードと電球が付いているところ。
電球は日本の40Wで大丈夫なのです。
電球の取り換えも、窓のひとつがパカっと開くから簡単。
プチサイズでお値段もそこまでではないので、
割と手軽にモロッコできます♪

私は夜のストレッチ運動の時につけて、くつろいでいます。

アラブ | trackback(0) | comment(0) |

2011/07/10


<< back | TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。