Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


少しの不便が、エネルギーを生む

美容院の雑誌で読んだ建築家・安藤忠雄さんの記事が印象に残りました。
ナチュラリスト的な考えが、
今の自分の気分とマッチしているから。
いわく「住まいには、冷暖房なんて必要ない。
自然本来の風をいかせばいいのだから。
照明だって極端なはなし必要ない。
暗くなったら寝ればいいのだから」。
(詳しい表現は覚えてないけど大体こんなニュアンス・・。)
自然の風や光を活かすという発想は、
代表作「住吉の長屋」「光の教会」等で具現化されているらしい。

正直なところ、さすがに冷暖房も照明もない家に住みたくないけど、
要はボタンひとつの便利さに頼らず、工夫してしのぐ手間も大切なんですね。
寒かったら多く着て、暑かったら脱ぐ。
自分の頭と手足を使って不便を切り抜けていく。

安藤忠雄事務所は、海外以外メール禁止、ファックス禁止、
安藤氏の机の前にある共有電話のみ使用可という職場環境なんだって。
そんなんでこの時代仕事になるのだろうか!
例えばクライアントに電話でちょっと言い忘れたこと
(瑣末だけど伝えておかないとちょっと面倒な種類のこととか)があっても、
気軽にメールで追伸できないからもう一度電話しなきゃいけないだろうし、
文書のコピーはファックス出来ないから郵送したり・・・?
考えるだけでも面倒な状況が浮かぶ。
それでも仕事しなければならないのだから、
やっぱり余計な手間のないよう集中し、工夫するだろうな。
特にクリエイティブな職場なら頭を活性化させる仕掛けにもなるのかしら。
不便なぶんのエネルギーが仕事にむけられるとの安藤氏の言葉に大いに納得。

そう、まさに言葉を借りて「不便さゆえの工夫するエネルギー」
みたいなものって最近興味がある。
わたしは最近本当にボケボケで、覇気もなくて、
もしかしたら世の中の便利さが、
自分の思考や判断や感覚を鈍らせる一因じゃないかと、
被害妄想的に考えるものだから。


だから便利さに頼らないナチュラリスト的な考え方に興味を持って、
例えばわざわざ化粧水を手作りしたりしている。
自分の肌で一番しっくりくる化粧水(の配合)を探すのって面白かったりする。

スポンサーサイト

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2009/09/06


<<殺したい ならamazon? | TOP |

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://saharaoasis.blog119.fc2.com/tb.php/5-223972b2

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。