Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


ニック・ピテラ (Nick Pitera)がすごい

わたしは歌うのは苦手だけど、歌を聴くのは結構好き。
特に、CDで聴くような機械を通した歌じゃなくて、
ミュージカルみたいな生歌に近いもの。
同じひとりの人間が、体を使ってここまで情感豊かな音を出せるなんて!
としみじみと感動するのです。
だからYouTubeで、ミュージカル(リハーサル風景が特にツボ)や
歌のうまい素人の動画を見るのも趣味のひとつ。

そんな私が最近ハマっている人は、ニック・ピテラ (Nick Pitera)

自分が歌っている動画をYouTubeに投稿している人なのだけど、
その歌が半端なくウマイ!・・・だけでなく
有名なディズニー映画のデュエット曲「A Whole New World」を
“一人で”歌いこなしてしまう技の持ち主。

↓最後まで見て下さい。


どっちの声も素晴らしいー。
男声はちょっと抜けた優しい感じで、
女声はクリアでいながら艶っぽい感じ。
動画のなかのカメラ目線に、自信と余裕を感じます。
でもこれだけ歌えたら楽しそうだ。

Journeyの「Don't Stop Believing」もオススメ。
画面分割してひとりでハモっているから奇妙なものです。
いやホント楽しそう。





Nick Pitera
ミネソタ州ウッドベリー群出身の23歳。
幼少期の4年間をベルギーのウォータールーで過ごす。
フロリダ州にあるRingling College of Art and DesignにてアニメーションのBFA(美術学士号)を取得。
現在は、ピクサー・アニメーションスタジオでセットモデラー/照明として働いている。
影響を受けたアーティストは、
マライア・キャリー、マイケル・ジャクソン、ホイットニー・ヒューストン、
レオナ・ルイス、ジャスティン・ティンバーレーク、ナターシャ・ベディングフィールド、
マイケル・ブーブレ等
(YouTube、Twitterのプロフィールから引用・和訳)

<追記(2011/8/30))
なんとCDを2枚も出してたみたい。やったね!
 

スポンサーサイト

歌♪ | trackback(0) | comment(0) |

2009/12/08


<<セバスチャン・サルガド写真展「アフリカ」 | TOP | あしながスノーマン>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://saharaoasis.blog119.fc2.com/tb.php/24-237dd934

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。