Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


「キャラメル」

2007年のレバノン映画。
今年見たなかではNo.1と言えるくらいの
面白くて味わい深い作品でした。

中東国レバノンの映画だからといって戦争がテーマではなくて、
“ヘアサロンで働く女性たちの悲喜こもごもの人生模様”という、
もっと身近な感じのストーリーです。

この映画の女性監督の言葉。

「私はとても罪深く感じました。
 自分の国が戦火に飲みこまれているという現実に対し、
 私の作った映画は軽すぎるのではないか、と。
 でも、戦争とは別の側面を見せることが、
 私なりの小さな反抗だと思うようになりました」
 ~雑誌COURRIER japonより~

テロによる死者○名といった、顔のない、悲惨な数字ばかりが報道される戦争国だけど、
この国にも美容のためのヘアサロンがあって、
そこで働く女性たちがいて、
それぞれ恋や人生に悩みを抱えてて、
お互いに支えあいながら暮らしている、
あえてそういう日常の側面を描くのが“小さな反抗”だったのかなと思います。

登場人物それぞれにストーリーがあるような映画なのに、
ほとんどが役者ではなくて素人というのにもびっくり。
みんな巧かった。

見終わった後もふと頭をよぎる印象的なシーンが多くて、
あまり多くを言葉にしたくないほど、
味わいのある映画でした。

キャラメル [DVD]キャラメル [DVD]
(2009/07/24)
ナディーン・ラバキーヤスミーン・アル=マスリー

商品詳細を見る

公式サイト
スポンサーサイト

映画を見た | trackback(0) | comment(0) |

2009/10/27


<<「沈まぬ太陽」「私のなかのあなた」 | TOP | CNNポッドキャスト>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://saharaoasis.blog119.fc2.com/tb.php/21-e7e18ddb

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。