Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


「ココ・シャネル」

※これからこの映画を見ようと思っている方には若干ネタバレな内容です。

最近シャネルの伝記映画が、2本同時に公開されている。
オドレイ・トトゥ版とシャーリー・マクレーン版。
来年さらにもう1本が公開予定らしい。
どうして立て続けにシャネル映画が作られているかというと、
昨年はシャネル生誕125周年で、来年は創業100周年という、
節目の時期だからみたい。

ずっとオドレイ版が気になっていたのだけど、
成り行きでシャーリー版を見てきました。

うーん、シャーリー・マクレーンはさすがに見応えある。
優雅で頑固でコケティッシュで・・・
これがココ・シャネル、という説得力があった。

友人によると、オドレイ版は恋愛中心なのに対して、
こっちはもっと伝記的な感じなのだという。
たしかに回想シーンのつなぎで物語が進むので、
彼女の生い立ちやブランドが有名になっていく過程が分かったし、
美しいコレクションも見られて、目の肥やしになった。

映画館の帰りにCHANELのお店があったから
少し入ってみたかったけれど、
やっぱり敷居が高くてあきらめました。

「ココ・シャネル」公式サイト

スポンサーサイト

映画を見た | trackback(0) | comment(0) |

2009/10/18


<<懐かしのアラブポップ | TOP | 名古屋 快晴旅行>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://saharaoasis.blog119.fc2.com/tb.php/16-065d5981

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。