Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


「シェルタリング・スカイ」

※これからこの映画を見ようと思っている方には、若干ネタバレな内容です。

モロッコが舞台ということでずっと気になっていた作品。

もー、思う存分にサハラを堪能できました。
遥か彼方まで波打つ砂丘の曲線、陰影、グラデーション。
気が遠くなるほど美しい。そして厳しい。

物語の主人公である夫婦は、
愛し合う気持ちはあるのに
お互いの歯車がずれっ放しになっているような
不安定な関係で、
夫婦の目を通じたモロッコの風景は切ない。

後半、妻キットが孤独になってからは
ほとんどセリフもなくて、
幻想的な詩のなかを漂っているようでした。

メイキングを見ると、物語の前半のカラーは、“太陽”の赤と黄、
後半は“月”の青と紫をイメージしているという。
それぞれ夫ポールと妻キットを象徴しているらしい。
オスカー監督ベルナルド・ベルトリッチの趣向である。

モロッコ好き、砂漠好きなら必見。
遥か遠くの国に行って、たそがれちゃいたい気分の人にもオススメ。


シェルタリング・スカイ [DVD]シェルタリング・スカイ [DVD]
(2002/11/22)
ジョン・マルコヴィッチ デブラ・ウィンガー

商品詳細を見る
スポンサーサイト

映画を見た | trackback(0) | comment(0) |

2009/10/05


<<ナタリー・ポートマン | TOP | リオ五輪、賛成>>

comment











管理人のみ閲覧OK


trackback

trackback_url
http://saharaoasis.blog119.fc2.com/tb.php/1-cc7b573a

| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。