Thank you..

プロフィール//

lou

Author:lou
色々と深く考えるクセをつけたいので、アウトプットの場としてブログを綴ることにしました。
映画やら本やらイベントやらのリアルな感想も発信していきたいです。

最新記事//

amazon//

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ//

月別アーカイブ//

銀紙アート//

gingami_art

検索フォーム//

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

--/--/--


パウル・クレー展

国立近代美術館にて。
自分でもずっと忘れていたけどクレーの絵は、結構好き。
色合いがとても好み。
展示を見終えて、
あのクレーの絵の色合いは、
例えばデパートや駅やレストランなど、
現代の洒落た建物の内装の色の使い方の流行りと共通しているように思えて、
現代の、特に大抵の女性はクレーの絵を心地良いと感じるんじゃないかな、
なんてことを少し感じた。
まあ、つまり今の女性が好きな色だと思う。私も含めて。

展示は、クレーの独特の製作過程を示していてなかなか工夫されていた。
一度描いた絵を切って、逆さまにして貼って・・とかしていたらしい。
私なんか絵を描いたとしてももったいなくて怖くて
何も手を入れられない。(自分と比べるのが間違いか。)

クレーはチュニジアで色に目覚めた。
1914年のチュニジア旅行を経てこんな言葉を残していた。
「色が私をとらえた。もはや、私はそれをおいかける必要がない。
なぜならば、色は、私を永遠に包み込むだろうから。
色と私は一体となった。私は画家なのだ。」

こんな風に画家としてのアイデンティティを確立できてしまうほど、
チュニジアと色って結びついていたっけ?と少しピンとこない。
土地の色が豊かという意味では、アフリカの大地や、
スイスとかのカラフルな家並みを思い浮かべてしまう。
でも自分がチュニジアを振り返ってみて、
必ずしも分かりやすく色彩に溢れている訳ではないけれど、
北アフリカの太陽の光の具合のおかげか、
確かにチュニジアの色彩や空というのは物凄く記憶に残るものがある。
クレーも北アフリカの魅力に取りつかれてしまったのね。

クレー展はグッズが最高で、こんなにグッズを買い込んだのは初めてでした。
クレー展グッズ

贅沢ながら、いつも本物を見た後でそれが印刷されたポストカードを買う気がしなくて、
もっぱらクリアファイルを買っています。
今回はファイルの種類も豊富で、マグネットまであったりして本当に素敵でした。

スポンサーサイト

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2011/07/10


モロカン君

「モロカン・スコット」

これ誰の名前だか分かりますか?
というか、名前だって分かりますか?

モロカンって普通に辞書を引くと
「Moroccan=モロッコ風」ってことです。
名前としてはかなり変わっています。

「モロッコ風」と名付けられた男の子は、
歌姫マライア・キャリーの息子さん。
4/30に生まれたばかりだそう。
(ちなみに男女の双子で、もう一人は「モンロー」ちゃん♪)

モロッコ好きの私としては、
何っ、マライア・キャリーよ、そうくるか!
と思いましたが妙に興奮してこうして書いてしまいました。

ネタ元のABC振興会によると、
近年のモロッコ風デザインや建築ブームを受けてのことだそう。
マライアもモロッコ好きなんだわ。
セレブのベイビーの名前にまでなってしまうとは、モロッコがやはりキテいます。

とはいえ、つい先日、モロッコの観光都市マラケシュ・フナ広場で爆発事件があり、
ブームの裏では厳しい現実もあります。

私の再訪もまた遠のいてしまいましたが、まだ諦めません!

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2011/05/05


喫茶nico 駒沢公園

うだるような暑さの土曜日。

駒沢公園の“リス公園”の脇の、nicoというカフェに行ってみました。
細い路地のつきあたりに入口があるのですが、
その路地に入ってから「やっぱやめた」と引き返すのは失礼な気がして、
「行くぞ」と決心しないと行けないと思っていました。
何やらお洒落だし。

しかし物事の巡り合わせで?土曜日に決心ができ、
読みかけの本を持って、大汗かきかきカフェに入りました。

店内は、木の温もりがあって、天井にレトロな布がかかっていて、
スペースもたっぷりでした。
フランスの片田舎の女の子が、
お婆ちゃんの余り布やら、物置の古い家具やらを、
大きなツリーハウスに持ち寄ってできた空間という感じ。
なんちゃって。

nicoインテリア

お昼をとっくに回っていたけど、サンドウィッチとカフェオレを頼みました。
nicoフード

普通においしかった。でもちょっと高めかなあ。
飲み物をアイスにすると+100円らしいのよねえ。

店員さんはなぜか皆テンション低めでした。
でも読書していたら、さりげなく(本当にさりげなく)近くのライトをつけて下さって、
もしかしたら私のためじゃなかったのかもしれないけれど、
お客さんにくつろいでもらいたいという自然な心遣いが伝わってきました。

お洒落なカフェで読書をする、ということ自体が
自分にとってこそばゆいと分かったので、
また一人で行くかは分からないけど、
友達やらと駒沢公園に来て、ちょっとお茶でもとなったら
絶対ここを案内すると思うな。

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2010/07/19


Lang-8

最近、Lang-8(ランゲート)という語学系?コミュニティサイトに入っている。

Lang-8は、
外国語を学ぶ色んな国の人たちが会員で、
学習中の言語で日記を書くと、
ネイティブ会員が添削してくれて、
自分も誰かの日記をネイティブとして添削してあげるというもの。
つまり「外国語日記を添削しあう学習サイト」という感じです。
英語だけでなくて、中国語、韓国語、フランス語・・・あとマイナー言語も結構OK。
なにしろそこにネイティブ会員がいる限り!なので。

添削するかしないかは、会員のボランティア精神に任されている。
日記を書けば必ず添削がもらえる訳ではないから(というか最初はほとんどもらえなかった)
私も自分なりの工夫とアピールをしながらやっている。

普段自分のライティングをネイティブに見てもらえる機会はないから、
有意義な添削をもらえた時は、「ありがたや~」という気持ちになるし、
さらに温かいコメントもあると嬉しい。
もっと普及するといいなと思う。

そこで、Lang-8を活用するコツを自分なりにまとめてみます。
初めての方は、会員登録(無料)するところからどうぞ。

ネイティブと積極的に「マイフレンド」になる
mixiをやっている人は「マイフレンド」の定義はお馴染みだろうけど、
サイト上でのお友達として登録することです。
私は“英語ネイティブ+日本語学習中”の会員と何人か友達になったことで、
優先的に添削してもらえるようになった。
自分もお礼に相手を添削するようにしている。

なるべく添削履歴の多いネイティブと「マイフレンド」になる
マイフレンドの中には、私から添削をしてもあまり添削し返してくれない人もいるので、
やっぱりこまめに添削してくれる心優しいネイティブとフレンドになるのがおススメ。
添削数ランキングみたいなのが載っているので、そのなかから選ぶとか。(打算的…)
余談だけど、私の見る限りでは、日本人はネイティブの日記を毎回律儀に細かく添削する人がとても多い。
英語ネイティブの日本語日記には、日本人からの添削がズラ~っと並んでいます。
逆に日本人の英語日記って、英語ネイティブからの添削が1つ2つしかないことが多い。
国民性?うーん。。

日記を書く時は文法などを気にしすぎない
あんまり文法や表現を調べながら日記を書くと、
それはそれで英語的に通用する日記に仕上がるけれど、
ネイティブも添削しようがないのか、コメントがつかないことが多かった。
自分としても「もっとこう書きたかったのにな。」とか「もっと自然な表現なかったかな。」というモヤモヤが残る。
だから教科書みたいな正しい文章に捉われるよりも
「たしかこんな表現あった?」くらいの適当さ+冒険心で
思い切ってダーっと書くことにしています。
そうするとネイティブも言いたいことを汲み取ってくれて、
直したり、他の表現を提案してくれたりします。
(ネイティブ目線だと赤面もののヒドイ文章に見えるのかもしれないけど。。)

それに、自分が日本語日記を添削していても
優等生的な文法の日記よりも、
間違いは多いけどこう言いたいんだろうなという日記のほうが添削しがいがある。

・・・とたいしたコツではないですが、今のところこのような感じです。
最近は書くことがなくてサボり気味なので、何かしら日記を再開させたいと思います。

lang-8.jpg

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2010/03/24


Firefox

英語の勉強に役立つと聞いて、インターネットブラウザをIEからFirefoxにしてみた。
これはすごい。本当だ。
ブラウザを変えただけなのに、英語の知識が広がりそう。

何がすごいって、まずFirefoxのアドオンを使って、
あの有名なオンライン辞書「スペースアルク英辞郎」から
気になる英単語をクリックひとつで調べられるようになりました。
例えば、ネット上で英語の記事を読んでいて(・・ってあまり読んでないけど)
分からない単語が出てきた時、
単語をクリックすればミニウィンドウで英辞郎の検索結果が出てくるのです。
単語の意味がすぐ分かる。
「あとで調べればいいや」や
「英辞郎にコピペするのが面倒だからいいや」がなくなります。

さらに英単語の発音を知りたいとき、
クリックひとつでネイティブの発音が聞けるというアドオンもありました。
大助かり。

活用しない手はないですね。

ただ、こうやってあまりにも便利に調べられるものだから、
その時は分かったつもりになっても、しばらくしたら忘れてる・・・
ってことにならないよう気をつけないとと思う。
「すぐ身につく知識にあまり価値はない」ってことを、今日とある人から言われました。
ツールの活用は、自分の心がけ次第かな。

情報はこちらのサイトを見て知りました。
英語holic

ありがたや。

世の中を考える | trackback(0) | comment(0) |

2010/02/28


| TOP | next >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。